石の砦の崩壊

思った事、語りたい事、叫びたい事をただ気の向くままに。そこに意味などないよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

会議室ロボ③


今日は灰羅さんの誕生日ということで、またまた予定を繰り上げて今回は灰さんロボを作成。お待ちの方、すみません(汗)

灰さんロボ

以前より、灰さんは な ぜ か 可変メカのイメージがあったのでそのように作成。可変型なんて今まで描いたことがないので、そのつもりで描いてはみたもののどこがどう変形するかは自分にもわからない(おい)
当然、可変後の姿を描く予定も腕もない(何)
細部、自分の腕が足りないばかりにいくらか端折った部分があるのでいつか、また手直ししたいです。

以下設定。

その世界(舞t(ryでは非常に珍しい、空中戦を想定した可変型メカ。
ゾイドで言うソラシティみたいな空中文明の機体で、その中でも特に希少なタイプ。
その出自や細部の構造はジャンさんメカといくらか共通点があるため、同じ時期に開発された機体と言われてる。ということにしようかな(何)
武装は椀部に連結した大口径ビームキャノン二丁に、その他火器が諸々。主な運用方法は高機動メカ形態による高速機動戦であるため、ロボ形態になることは滅多にないと思う(何)
普段は巨大な外部アーマーを着用して、巨大空中メカのような出で立ちをしており、やはりジャンさんロボがそうであるように、その出自を隠蔽している。
ビームキャノン以外の火器は威力の少ないものが主であり、敵を霍乱しながらチクチク刺すような先鋒を得意としている。んだろうなぁ(何)
空中文明の警備隊のような組織の隊長機であり、僚機としてK(のように見える)、T(に見えなくもない)、V(に見ようと思えばそう見える)の形状を模した飛行メカに変形するロボット群を従えている。
しかし、完全な人型と戦闘機型に変形できる機体は世界で本機だけである。

以上、設定でした。なんか長くなってもうた(何)
腕部キャノンの方はもう少し腕に連結しているような味を出したかったのですが、現時点ではこのような形で妥協。いつか書き直す時にはもっとマシな形に仕上げたいなぁ。

今日はそんな話。

以上、設定でした。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<生存報告 | ホーム | 会議室ロボ②>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。