石の砦の崩壊

思った事、語りたい事、叫びたい事をただ気の向くままに。そこに意味などないよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かんしゃポケモン=執拗に感謝を要求するポケモン

最近は超オフ会への懸念や仕事の影響で、創作の手がすっかり止まってしまっている今日この頃。
そんな中、変な時間にやっていた劇場版ポケモンを見た。
昨日もやってたなぁ。ポケモン、TV放送共にやるのは夕方という微妙な時間で、一度もゴールデンに映った事がない。そろそろ後身に譲ってやれよ、ドラえもん。

それはさておき、シェイミかわいいよシェイミ。レギュラー化してたら毎日見てたのに(何)
そいやポケモンが喋るのって全部テレパシーだったな、ミュウツーも確かそうだったはず。
可愛い外見で性格が尊大というのは、なんかあういう番組には似つかわしくない、捻ったギャップ。だが自分は大好きだ!
自分を襲う輩はみんな捕食狙いだと思い込んでいるらしい。そこがまたかわいい。シェイミって美味いんか(何)

自分にとってのゲームのポケモンは金で止まっているけど、アニメはそこそこ見ているつもり。映画の方は最近ご無沙汰だけど。
映画のゲストポケモンってみんな幻やら伝説やらのポケモンが常だと思ってたけど、劇中の話を聞く限り、シェイミはそうでもないのな。わらわら出てきたシェイミの群れがラブリーすぎた。

ギラティナ、本編を見るまでは悪いイメージしかなかったけど、実はいい人だったオチ。ダークライといいコイツといい、見るからに悪そうなヤツに限って味方ってスタンスが多いんかの。
まぁ、悪いやつとでも和解しちゃうのがポケモンだからなぁ。

久々に心が癒された。主にシェイミに。
全体的な感想としては、絵や音楽に金を掛けているだけで、話自体は特にこれといったもののない手堅い感じ。大人気アニメの映画って大抵そんなもんだろうけど。

今日はそんな話。
スポンサーサイト
独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3Dカスタムイシュキャラ②の2

さて、先日に続いてアイドルネタの第二弾。
変人級に個性的なだけで平凡な学生が、舞台になると華麗にドレスアップ。そのギャップに前々から魅入られていたが故に、実行に至った本企画。
前回の制服版に続いて、今回は舞台衣装版。グループのコンセプトカラーは黒。
グループ名もそれにちなんだ名前にするべきだろうけど、『ノワール』はマンネリな気がするしちょっと陰湿な響きなので、他のにした方がいいかもね。
自分でも想定外の変身を果たした子もチラホラ。


E6F0B912.png
まずはレイ、割とオーソドックスな変身。

E6F0BF02.png E6F0C1D2.png E6F0C312.png
性格同様、あまりキャッキャッと歌って踊るイメージはない。
歌唱力:カエル
声はいいが歌にはならないタイプ。

E6F0C844.png
ライ、挑発的なポーズですね。パンツ見えてますね。白タイツが粋ですね。
タイツ好きです。でも、3Dカスタムのそれは、肌に纏わり着いている感じがしないので、ちょっとう~ん。

E6F0C4FC.png E6F0C434.png
レイとほとんど同じ装い、この格好でも威勢は変わらない。しかし、役立たず。
歌唱力:てつを
歌うのは苦手で歌詞棒読み。自分が歌うことはまったく想定しなかったBA☆KA。
歌うより空気を読まずにシンバルとか銅鑼をガーンと鳴らす方が好きそう。


E6F0F3AA.png
サイ。一人だけワイルドな装い、衣装だけでこうもイメージが変わるとは思わなかった。
同姓からもりもりラブレターもらうタイプ。

E6F0ECCA.png E6F0E982.png E6F0EF18.png
リーダーがアレなので、統率役は彼女になると思う。
しかし、歌唱力:ジャイアン
自分では上手いと思っているタイプ。ぼえ~

こんなんで大丈夫か、アイドル部。
そんな凄惨たる部に、救世主が現れた!

E6F0F6FC.png
うお、まぶし!
なくらい、変身した幼女。一番想定外だった変わり身。
しかし、眼鏡がないと何も見えない罠。観客がかぼちゃにすら見えないぜ!

E6F104EE.png E6F10408.png E6F10A8E.png
容姿が一番アイドルっぽい。
歌唱力も一番マトモ、実質当初は彼女だけでもっている有様。
しかしシャイなのでステージにはなかなか立ちたがらない。ほんとに大丈夫かアイドル部!

とゆわけで、画像の方はこれでひとまず。
構想も膨らんでいるので、文章化も脳内でカウントダウン状態。あくまで脳内でな!
画像を使ったネタ的なお遊びも、気が向いたら今後やるかも。


E6F0CF2E.png E6F0CB5A.png E6F10B88.png
最後に恒例パンチラ集。
幼女のしまパンは悲劇の匂い。
しかし、彼女の場合パンチラでは済まない……!
と、意味深なことをいいつつ今日のところはこれまで。

今日はそんな話。

お遊び | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。